ホルモンバランス

プエラリアのクリームの注意点

女性にとってハリのある上向きのバストを維持し続けることは、とても大切なことです。
タイに自生しているマメ科の植物、プエラリアの根っこから抽出したエキスを配合したクリームを使うことは、バストのケアには欠かせないものです。
プエラリアを配合しているクリームには、どういった注意点があるのでしょうか。

バストに関する理想や悩みというのは女性特有のものです。
30代そして40代以降になっても、理想とされるバストの形やハリなどを、できる限り維持していきたいと思っている女性は多いと思います。

バストは20代をピークにして少しずつ形が変わっていきます。
年齢だけではなくまた妊娠や出産、授乳を行うことによっても変わっていきます。
バストは9割が脂肪分、残りの1割が乳腺と呼ばれる組織で成り立っており、他の組織にはある筋肉がまったくありません。
そのために、例えばウエストはトレーニングを行って筋肉を付けることで年齢を経ても引き締めることができますが、バストは筋肉トレーニングをすることがほとんどできない部分なのです。

誰もが憧れる理想とされるバストというのは、ゴールデントライアングルと呼ばれるかたちで、正面から見て、首の下の鎖骨から左右のバストトップを結んだラインが、生三角形に近い状態のことを指します。
若いころは正三角形だったラインも、年齢を重ねるにつれて少しずつ伸びていってしまい、二等辺三角形のような形になりがちです。
また弾力やツヤなども失われていってしまいます。

理想的なバストを作るためには、クリームなどでマッサージを行いケアする必要があります。
女性ホルモンのエストロゲンによく似たイソフラボンを多く含んでいるエキス配合のクリームを使ってバストをケアすることで、乳腺のはたらきを活発にし、バストにハリやツヤを取り戻すことができると言われています。
注意点としては、多量の女性ホルモンを含んでいるために、体調がすぐれない時には、使用を控え医師に相談することが必要です。